サマースプリント王者はタワーオブロンドン/セントウルS

13 Photos

9月8日、第33回産経賞セントウルステークス(GⅡ:芝1,200m)が阪神競馬場で行われ、クリストフ・ルメール騎手騎乗で1番人気に推されたタワーオブロンドン(牡4:美浦・藤沢和雄厩舎)が中団からレースを進め、最後の直線3ハロン33秒2秒の脚を繰り出し、1分06秒7のレースレコードで優勝。同時にサマースプリントシリーズ王者にも輝いた。2着は先行した和田竜二騎手騎乗で7番人気の3歳馬ファンタジスト。なお、今年の高松宮記念の覇者ミスターメロディーは2番人気に推されるも直線全く伸びず、8着に敗れた。
また、サマージョッキーシリーズ対象レースも終了し、小倉記念(メールドグラース)・札幌記念(ブラストワンピース)・キーンランドC(ダノンスマッシュ)を制した川田将雅騎手がチャンピオンに輝いた。

サマースプリント王者はタワーオブロンドン/セントウルS

13 Photos

9月8日、第33回産経賞セントウルステークス(GⅡ:芝1,200m)が阪神競馬場で行われ、クリストフ・ルメール騎手騎乗で1番人気に推されたタワーオブロンドン(牡4:美浦・藤沢和雄厩舎)が中団からレースを進め、最後の直線3ハロン33秒2秒の脚を繰り出し、1分06秒7のレースレコードで優勝。同時にサマースプリントシリーズ王者にも輝いた。2着は先行した和田竜二騎手騎乗で7番人気の3歳馬ファンタジスト。なお、今年の高松宮記念の覇者ミスターメロディーは2番人気に推されるも直線全く伸びず、8着に敗れた。
また、サマージョッキーシリーズ対象レースも終了し、小倉記念(メールドグラース)・札幌記念(ブラストワンピース)・キーンランドC(ダノンスマッシュ)を制した川田将雅騎手がチャンピオンに輝いた。

スタート後中団内目を追走し、直線に入ると外に出して追い出すと、3ハロン33秒2の脚を繰り出し、完全に抜け出しす

1分06秒7のレースレコードを更新したタワーオブロンドンと、鞍上のクリストフ・ルメール騎手

引き上げ時ガッツポーズを見せるルメール騎手

検量前に戻ってきて報道陣のカメラにポーズを取るルメール騎手

タワーオブロンドン(牡4:美浦・藤沢和雄厩舎)

父:Raven's Pass 母:スノーパイン(母父:Dalakhani)
馬主 :ゴドルフィン
2015年2月9日生
生産牧場:ダーレー・ジャパン・ファーム(有)(北海道日高町)

口取り後、笑顔で談笑する藤沢和雄調教師(左)とクリストフ・ルメール騎手(右)

セントウルS表彰式に引き続き、サマースプリントシリーズチャンピオンに輝いたタワーオブロンドンには、報奨金4000万円(馬主3200万円+厩舎関係者800万円)が授与された

優勝カップを手に報道のカメラに目をやるルメール騎手

タワーオブロンドン関係者の記念撮影

サマージョッキーシリーズのチャンピオンに輝いた川田将雅騎手。報奨金100万円のボードと共に記念撮影
 

撮影:阪本達夫

撮影日:2019年09月08日