タワーオブロンドンが新短距離王に スプリンターズS(G1)

29 Photos

9月29日、スプリンターズステークス・G1(中山・芝1200m・3歳以上・出走16頭)が行われ、逃げ粘るモズスーパーフレアをタワーオブロンドンがゴール前で驚異の末脚で差し切りサマースプリント王者に続いて初G1を制覇した。

2着には逃げ粘った3番人気のモズスーパーフレアが入り、1番人気に支持されたダノンスマッシュが3着となった。

前走セントウルステークスでレコード(1分6秒7)を出したタワーオブロンドンの、真の強さに魅了されたスプリンターズステークス(GⅠ)であった。

 

 

タワーオブロンドンが新短距離王に スプリンターズS(G1)

29 Photos

9月29日、スプリンターズステークス・G1(中山・芝1200m・3歳以上・出走16頭)が行われ、逃げ粘るモズスーパーフレアをタワーオブロンドンがゴール前で驚異の末脚で差し切りサマースプリント王者に続いて初G1を制覇した。

2着には逃げ粘った3番人気のモズスーパーフレアが入り、1番人気に支持されたダノンスマッシュが3着となった。

前走セントウルステークスでレコード(1分6秒7)を出したタワーオブロンドンの、真の強さに魅了されたスプリンターズステークス(GⅠ)であった。

 

 

驚異の末脚で逃げ粘るモズスーパーフレアを捕らえにかかるタワーオブロンドン

鞭を一発入れた後の脚色は天下一品のタワーオブロンドン

モズスーパーフレアを捕らえたタワーオブロンドン

差し切り初G1制覇となったタワーオブロンドン

ガッツポーズで勝利をアピールするルメール騎手

(左)逃げ粘って2着となったモズスーパーフレア
(右)1番人気に支持されるも3着のダノンスマッシュ

(中央)鞭を高々上げてガッツポーズするルメール騎手・タワーオブロンドン
(左)一番人気3着のダノンスマッシュ

2度目のガッツポーズでファンに勝利をアピールするルメール騎手

気温も湿度も高く、レース終了後、水浴びを厩舎関係者にしてもらうタワーオブロンドン

ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の関係者と勝利を喜び合う藤沢和雄調教師

レイを掛けられたタワーオブロンドン

マスコミ向けインタビューで質問を受けるルメール騎手

スプリンターズステークスを制して喜び合い口取りに向かう(左)ルメール騎手と(右)藤沢和雄調教師

口取り風景

勝利に酔いしれて表彰式に向かうルメール騎手、藤沢和雄調教師・ゴドルフィン関係者とダーレー・ジャパン・ファーム(有)関係者

馬場を周遊するタワーオブロンドン

表彰式の時、記念メダルを高々と上げるルメール騎手

表彰式後の記念写真

ご機嫌のルメール騎手

ファン向け勝利騎手インタビューで応えるルメール騎手

青空に映える勝負服のブルー

カメラマンの要望に応えてポーズをするルメール騎手

G1出走回数タイ記録となったレッツゴードンキ

タワーオブロンドン Tower of London(JPN)
【プロフィール】
父 Raven's Pass 性別 牡 馬主 ゴドルフィン
母 スノーパイン 馬齢 4歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 Dalakhani 生年月日 2015年2月9日 生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
母の母 Shinko Hermes 毛色 鹿毛  産地 日高町
馬名意味 ロンドン塔
【賞金】
総賞金 284,026,000 内付加賞 3,726,000
収得賞金(平地) 117,000,000

撮影:飯塚富美雄

撮影日:2019年9月29日