クロノジェネシス&北村友一騎手 秋華賞制す

22 Photos

大型台風のため、東京競馬は土日中止となったが、京都競馬は無事開催された。

第24回秋華賞・G1(10月13日・京都・芝2000m)は17年ぶりに春の牝馬クラシック勝ち馬不在となった一戦。超ハイペースでビーチサンバがレースの主導権を握ったが、直線で抜け出した4番人気で北村友一騎手騎乗のクロノジェネシス(栗東・斉藤崇史厩舎)が2馬身差をつけて秋華賞で初GⅠ制覇を成し遂げた。2着は津村明秀騎手騎乗のカレンブーケドール。春のオークス2着に続き悔しい結果となった。3着には10番人気シゲルピンクダイヤが入り、三連単の高配当を演出した。また1番人気で川田将雅騎手騎乗のダノンファンタジーは、3番手からレースを進めるも直線伸びず、8着と惨敗に終わった。

クロノジェネシス&北村友一騎手 秋華賞制す

22 Photos

大型台風のため、東京競馬は土日中止となったが、京都競馬は無事開催された。

第24回秋華賞・G1(10月13日・京都・芝2000m)は17年ぶりに春の牝馬クラシック勝ち馬不在となった一戦。超ハイペースでビーチサンバがレースの主導権を握ったが、直線で抜け出した4番人気で北村友一騎手騎乗のクロノジェネシス(栗東・斉藤崇史厩舎)が2馬身差をつけて秋華賞で初GⅠ制覇を成し遂げた。2着は津村明秀騎手騎乗のカレンブーケドール。春のオークス2着に続き悔しい結果となった。3着には10番人気シゲルピンクダイヤが入り、三連単の高配当を演出した。また1番人気で川田将雅騎手騎乗のダノンファンタジーは、3番手からレースを進めるも直線伸びず、8着と惨敗に終わった。

1人気の1番ダノンファンタジーが好発を決めたスタート

その後ビーチサンバが1周目ゴール板前で先手を取る

レースは直線に入り、抜け出してゴールを目指すクロノジェネシス(赤帽)

ターフビジョン前では約2馬身差を着けてまもなくゴールするクロノジェネシス

強い競馬でオークス2着馬カレンブーケドールに勝利したクロノジェネシス

ウイニングランで1冠ポーズを見せる北村友一騎手

感無量の思いでナンバーワンポーズで戻る北村友一騎手

1番人気で8着に敗れたダノンファンタジーと川田将雅騎手

2着はオークスでも2着と惜敗したカレンブーケドールと津村明秀騎手

レイを掛けられ、検量前を周遊するクロノジェネシス

ノーザン信楽の松本場長と喜び抱き合う北村友一騎手

会員の方々を交えての記念口取り撮影

関係者のみの口取り風景

笑顔で表彰式へと向かう北村友一騎手

表彰台での記念撮影

勝利騎手インタビューでカメラマンに両手を上げて勝利のポーズをする北村友一騎手

報道陣のカメラに向かって喜びを爆発させた北村友一騎手

クロノジェネシス  Chrono Genesis(JPN)
【プロフィール】
父:バゴ 母:クロノロジスト(母父:クロフネ)
栗東・ 斉藤崇史厩舎
馬主:(有)サンデーレーシング
生産牧場 :ノーザンファーム (北海道安平町)
2016年3月6日生
馬名意味:母名より+創世記
主な勝ち鞍:2019年クイーンC(GⅢ)
 

撮影:阪本達夫、稲葉訓也

撮影日:2019年10月13日