第160回天皇賞(秋)追い切り 最強馬アーモンドアイ出走

27 Photos

栗東・美浦トレセンで10月23日に第160回天皇賞(秋)・東京競馬・芝2000m・(GⅠ)の追い切りが行われた。

豪華メンバーGⅠ馬・10頭が出走、中でも現役最強馬と評されるアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎・ルメール騎手)に注目が集まった水曜日(10月23日)の最終追い切りには多くのメディアが押し寄せた。

普段中々見れないアーモンドアイの写真を中心に、天皇賞(秋)出走馬の追い切りを今回は特別に調教時計及び評価を掲載してあります。

第160回天皇賞(秋)追い切り 最強馬アーモンドアイ出走

27 Photos

栗東・美浦トレセンで10月23日に第160回天皇賞(秋)・東京競馬・芝2000m・(GⅠ)の追い切りが行われた。

豪華メンバーGⅠ馬・10頭が出走、中でも現役最強馬と評されるアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎・ルメール騎手)に注目が集まった水曜日(10月23日)の最終追い切りには多くのメディアが押し寄せた。

普段中々見れないアーモンドアイの写真を中心に、天皇賞(秋)出走馬の追い切りを今回は特別に調教時計及び評価を掲載してあります。

押し寄せたマスコミのテレビカメラに向かって”アーモンドアイこそナンバーワンとポーズするルメール騎手

アーモンドアイ(ルメール騎手)
美浦・南馬場ウッドチップコース
3頭併せの右
調教時計
65.7-51.0-37.1-11.8
強め 評価B

直線最後は3頭併せで先着したアーモンドアイ

最終追い切り後、ルメール騎手にアーモンドアイの感触を聞く国枝栄調教師

洗い場でアクビをするアーモンドアイ

洗い場で体を洗ってもらうアーモンドアイ

名前の如くアーモンドのつぶらな瞳で舌を出し愛嬌ある表情のアーモンドアイ

アーモンドアイとツーショットに収まる国枝栄調教師

テレビのインタビューを受ける国枝栄調教師をバックにクールダウンの引き運動するアーモンドアイ

インタビューラッシュのルメール騎手

アエロリット(菊沢調教師)
南馬場・ウッドチップコース
単走
調教時計
66.3-51.7-38.3-12.8
馬なり 評価B

秋色が見えた上がり馬道付近を歩くアエロリット(菊沢調教師)

アルアイン(北村友騎手)
栗東・坂路
2頭併せ内
調教時計
52.8-38.5-24.6-12.1
強め 評価B

ウインブライト(松岡騎手)
南馬場・ウッドチップコース
単走
調教時計
66.9-52.2-37.9-12.7
直一杯 評価B

カデナ(藤岡佑騎手)
栗東・坂路
単走
調教時計
51.4-37.5-25.0-12.9
強め 評価A

ケイアイノーテック(幸騎手)
栗東・坂路
単走
調教時計
50.5-36.5-24.1-12.2
強め 評価A

ゴーフォザサミット(木幡育騎手)
南馬場・ウッドチップコース
3頭併せ・外
調教時計
67.8-53.2-38.9-12.7
馬なり 評価C

サートゥルナーリア(スミヨン騎手)
栗東・Cウッドチップコース
単走
調教時計
97.1-66.6-51.5-37.3-11.6
馬なり 評価A

スティッフェリオ(助手)
栗東・坂路
2頭併せの内
53.4-39.0-25.4-12.8
一杯追 評価C

スワーヴリチャード(助手)
栗東・Cウッドチップコース
3頭併せ最内
調教時計
82.3-65.8-50.2-37.1-11.8
馬なり 評価A

ダノンプレミアム(川田騎手)
栗東・Cウッドチップコース
2頭併せの内・5馬身先着
調教時計
81.6-65.8-50.8-36.9-12.0
直強め 評価B

ダノンプレミアム(川田騎手)
栗東・Cウッドチップコース
2頭併せの内・5馬身先着
調教時計
81.6-65.8-50.8-36.9-12.0
直強め 評価B

ドレッドノータス(坂井瑠騎手)
栗東・坂路
2頭併せの内
調教時計
54.3-39.4-25.5-13.0
一杯追 評価C

マカヒキ(助手)
栗東・坂路
単走
調教時計
53.5-39.0-25.4-12.6
末仕掛 評価B

ユーキャンスマイル(岩田康騎手)
栗東・芝コース
2頭併せ内
調教時計
83.6-67.6-52.6-38.3-12.0
馬なり 評価B

ランフォザローゼス(北村宏司騎手)
美浦・南馬場ウッドチップコース
3頭併せの内(右)
調教時計
69.7-54.7-40.9-12.0
馬なり 評価B

ワグネリアン(助手)
栗東・坂路
単走
調教時計
53.8-39.3-25.5-12.8
馬なり 評価B

撮影:阪本達夫 飯塚富美雄 真鍋元

撮影日:2019年10月23日24日