モズスーパーフレア繰り上りで人馬共にG1初V・高松宮記念

20 Photos

3月29日、史上初の無観客G1第50回高松宮記念(芝1,200メートル)が中京競馬場で行われ、15番人気で和田竜二騎手騎乗のクリノガウディーが逃げるモズスーパーフレアを写真判定の結果ハナ差制して1位入線となったが、直線半ばで斜行しダイアトニックとモズスーパーフレアの進路を妨害したとして4着に降着となった。

繰り上がりで優勝したのは9番人気で松若風馬騎手騎乗のモズスーパーフレア。人馬共にG1初勝利となった。また3着には外から強襲したグランアレグリアが入った。

なお、1番人気に推されたタワーオブロンドンは12着に敗退した。

モズスーパーフレア繰り上りで人馬共にG1初V・高松宮記念

20 Photos

3月29日、史上初の無観客G1第50回高松宮記念(芝1,200メートル)が中京競馬場で行われ、15番人気で和田竜二騎手騎乗のクリノガウディーが逃げるモズスーパーフレアを写真判定の結果ハナ差制して1位入線となったが、直線半ばで斜行しダイアトニックとモズスーパーフレアの進路を妨害したとして4着に降着となった。

繰り上がりで優勝したのは9番人気で松若風馬騎手騎乗のモズスーパーフレア。人馬共にG1初勝利となった。また3着には外から強襲したグランアレグリアが入った。

なお、1番人気に推されたタワーオブロンドンは12着に敗退した。

史上初の無観客G1レースとなった高松宮記念のパドック。カメラマンのシャッター音が鳴り響く

高松宮記念発走5分前の無観客スタンド

直線半ば、内で逃げ粘るモズスーパーフレア(右)を追い、クリノガウディー(緑帽)が追ったところ内にもたれ、ダイアトニック(黒帽)の進路を塞いだ形に

必死にクリノガウディ―を制御する和田竜二騎手

後ろを振り返るクリノガウディー鞍乗の和田竜二騎手

外からグランアレグリア(左)が強襲する

ハナ・ハナ・クビ差の大接戦となったゴール前

検量前に引き上げてくるクリノガウディーと和田竜二騎手

微妙な表情をみせる和田竜二騎手

逃げてこの時点では2着のモズスーパーフレアと松若風馬騎手。よく頑張ったとばかりにこの笑顔

グランアレグリアは外から強襲するも2着(3着繰り上がり)

不利を受けたダイアトニックは3着に(4着繰り上がり)

1番人気に推されたタワーオブロンドンは12着惨敗となった

写真判定と長い審議の末着順が入れ替わり、検量室前で関係者と握手を交わす松若風馬騎手

勝利騎手インタビューを受ける松若風馬騎手

勝利騎手インタビューを受ける松若風馬騎手を撮影する報道陣。終日検量室前は各代表による取材となった

【競走馬プロフィール】
モズスーパーフレア(牝5:栗東・音無秀孝厩舎)
父:Speightstown
母:Christies Treasure(母父:Belong to Me)
馬主:(株)キャピタル・システム
2015年4月1日生まれ
生産牧場:Alpha Delta Stables,LLC(米国)
主な勝ち鞍:2019年オーシャンS(GⅢ)、2019年スプリンターズS(G1)2着
 

撮影:稲葉訓也

撮影日:2020年03月29日