9番人気ラウダシオンが3歳マイル王に/NHKマイルC

18 Photos

5月10日、東京競馬場5週連続GⅠの開幕を飾る、第25回NHKマイルカップ(GⅠ:芝1600m)が行われ、9番人気の伏兵ラウダシオン(牡3:栗東・斉藤崇史厩舎)が2番手から直線抜け出し、1分32秒5のタイムで快勝。2着には1馬身半差で1番人気に支持された2歳女王レシステンシア、3着には6番人気ギルデッドミラーが入った。
ラウダシオンの父リアルインパクトは、ディープインパクト後継種牡馬として初のGⅠ勝ちを収めた。

9番人気ラウダシオンが3歳マイル王に/NHKマイルC

18 Photos

5月10日、東京競馬場5週連続GⅠの開幕を飾る、第25回NHKマイルカップ(GⅠ:芝1600m)が行われ、9番人気の伏兵ラウダシオン(牡3:栗東・斉藤崇史厩舎)が2番手から直線抜け出し、1分32秒5のタイムで快勝。2着には1馬身半差で1番人気に支持された2歳女王レシステンシア、3着には6番人気ギルデッドミラーが入った。
ラウダシオンの父リアルインパクトは、ディープインパクト後継種牡馬として初のGⅠ勝ちを収めた。

直線に入り先にスパートをかけた1番人気レシステンシア(クリストフ・ルメール騎手)を捕らえにかかる、9番人気伏兵のラウダシオン(ミルコ・デムーロ騎手)

残り200メートル付近でレシステンシアを捕らえ、ラウダシオンがゴールへ

1馬身半差を付けて優勝したラウダシオンとミルコ・デムーロ騎手。9番人気という低評価ながら見事G1初制覇を飾った

スタンドからリモート撮影を行ったゴール前カット

1番人気に支持されるも2着となったレシステンシア(クリストフ・ルメール騎手)

3着に入った6番人気のギルデッドミラー (福永祐一騎手)

4着に敗れた2番人気のタイセイビジョン (石橋脩騎手)

無観客競馬でウイニングランは行わなかったが、引き上げ時にラウダシオンの首を愛おしく撫でるミルコ・デムーロ騎手

検量室に戻る途中担当厩務員と歓喜の表情でハイタッチするミルコ・デムーロ騎手

ラウダシオンを管理する斉藤崇調教師と勝利の握手をするミルコ・デムーロ騎手

検量室前でガッツポーズするミルコ・デムーロ騎手

1番人気に推されたレシステンシアは逃げ粘れず2着となり、残念な表情で検量室に戻って着たクリストフ・ルメール騎手

共同会見に応える、ラウダシオンを管理する斉藤崇史調教師

勝利騎手インタビューで質問に応えるミルコ・デムーロ騎手

競走馬情報
ラウダシオン(牡3:栗東・斉藤崇史厩舎)
【プロフィール】
父:リアルインパクト
母:アンティフォナ(母父:Songandaprayer)
馬主:(有)シルクレーシング
2017年2月2日生まれ
生産牧場:(有)社台コーポレーション白老ファーム (北海道白老町)
馬名意味:グレゴリオ聖歌の続唱の一つ。母名より連想
主な勝ち鞍:2020年クロッカスS(オープン)、2019年もみじステークス(オープン)
 

撮影:飯塚富美雄・石井俊平・現場代表撮影

撮影日:2020年5月10日