無傷の3連勝カフェファラオ・ユニコーンS制覇

13 Photos

6月21日、東京競馬場で第25回ユニコーンステークス(GⅢ:3歳・ダート1600m)が行われ、2番手につけた1番人気でダミアンレーン騎手騎乗のカフェファラオが直線に入ると勢い良く抜け出し、2着の3番人気デュードヴァンに5馬身差をつけて優勝。デビューから無傷の3連勝で初重賞制覇となった。

また3着には人気薄11番人気のケンシンコウが入った。

なお、2018年ルヴァンスレーヴの走破時計1分35秒0を塗り替え、1分34秒9のレースレコード決着となった。

無傷の3連勝カフェファラオ・ユニコーンS制覇

13 Photos

6月21日、東京競馬場で第25回ユニコーンステークス(GⅢ:3歳・ダート1600m)が行われ、2番手につけた1番人気でダミアンレーン騎手騎乗のカフェファラオが直線に入ると勢い良く抜け出し、2着の3番人気デュードヴァンに5馬身差をつけて優勝。デビューから無傷の3連勝で初重賞制覇となった。

また3着には人気薄11番人気のケンシンコウが入った。

なお、2018年ルヴァンスレーヴの走破時計1分35秒0を塗り替え、1分34秒9のレースレコード決着となった。

2番手から悠々抜けだし2着のデュードヴァンに5馬身差をつけて圧勝したカフェファラオ

2018年・ルヴァンスレーヴの走破時計1分35秒0を塗り替え、1分34秒9のレースレコードで無傷の3連勝で重賞初制覇となったカフェファラオ

2着のデュードヴァン(ミルコ・デムーロ騎手)

3着に11番人気のケンシンコウ(酒井学騎手)

愛馬のカフェファラオの頭を撫でるダミアン・レーン騎手

検量室前に戻ってきたカフェファラオと、管理する堀宣行調教師(右)

2番人気のレッチェバロックは9着惨敗(クリストフ・ルメール騎手)

サムアップしてご満悦のダミアン・レーン騎手

競走馬情報
カフェファラオ Cafe Pharoah(USA) (牡3:美浦・堀宣行厩舎)
【プロフィール】
父:American Pharoah馬主 西川光一
母:Mary's Follies(母父:More Than Ready)
馬主:西川光一氏
2017年3月3日生
生産牧場:Paul P.Pompa(米国)
馬名意味:冠名+父名より
主な勝ち鞍:2020年ヒヤシンスステークス(オープン)
 

撮影:飯塚富美雄・現場代表撮影

撮影日:2020年06月21日