ドーハ世界選手権へ向け 陸上日本選手権

15 Photos

6月27日から30日、陸上の日本選手権がおこなわれ9月の世界選手権の代表選手が内定した。世界選手権では記録に期待がかかるサニブラウンは「虎のように駆け抜けたい」と決勝進出へ意気込んだ。

ドーハ世界選手権へ向け 陸上日本選手権

15 Photos

6月27日から30日、陸上の日本選手権がおこなわれ9月の世界選手権の代表選手が内定した。世界選手権では記録に期待がかかるサニブラウンは「虎のように駆け抜けたい」と決勝進出へ意気込んだ。

走高跳 戸邉直人(JAL)

4年ぶり3度目の優勝を果たし世界選手権の代表に内定した

棒高跳で優勝の江島雅紀

400mH 安部孝駿(ヤマダ電機)

優勝し世界選手権代表に内定した

4×400mR、代表候補のウォルシュ・ジュリアン

4×100mR、4×400mR、代表候補の飯塚翔太

200m予選では足を痛め途中棄権となった

4×100mR、代表候補の小池祐貴

4×100mR、代表候補の多田修平

4×100mR、代表候補のケンブリッジ飛鳥

4×100mR、代表候補の桐生祥秀とサニブラウン

桐生はレース後「もっと成長していきたい」と話した

100m、200mの代表に内定したサニブラウン。世界陸上では記録に期待がかかる

撮影日:2019年06月27日~30日