2020年プロ野球開幕 史上初の公式戦無観客開催

48 Photos

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、幾度もの開幕延期を余儀なくされた日本プロ野球。選手関係者の不断の努力により艱難辛苦を乗り越え、6月19日、ようやく開幕を迎えた。

 

東京ドームでは伝統の一戦巨人対阪神戦が行われ、巨人先発の菅野は6被安打も要所を抑えて7回2失点。阪神先発の西は6回1失点、自身プロ初本塁打を含む2打点と奮闘するも、継いだ岩崎が七回、巨人・吉川尚に逆転2ランを打たれ、阪神は開幕白星を落とした。

 

また、京セラドーム大阪ではオリックス対楽天戦が行われ、山岡と則本の両先発が共に7回1失点でマウンドを降りた。しかし直後の8回表、オリックス2番手投手以降が楽天・鈴木大地内野手の通算1000本安打となる2点タイムリーを打たれるなど計8失点。9年連続開幕戦黒星となった。対する楽天は三木肇監督初采配を勝利で飾った。

2020年プロ野球開幕 史上初の公式戦無観客開催

48 Photos

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、幾度もの開幕延期を余儀なくされた日本プロ野球。選手関係者の不断の努力により艱難辛苦を乗り越え、6月19日、ようやく開幕を迎えた。

 

東京ドームでは伝統の一戦巨人対阪神戦が行われ、巨人先発の菅野は6被安打も要所を抑えて7回2失点。阪神先発の西は6回1失点、自身プロ初本塁打を含む2打点と奮闘するも、継いだ岩崎が七回、巨人・吉川尚に逆転2ランを打たれ、阪神は開幕白星を落とした。

 

また、京セラドーム大阪ではオリックス対楽天戦が行われ、山岡と則本の両先発が共に7回1失点でマウンドを降りた。しかし直後の8回表、オリックス2番手投手以降が楽天・鈴木大地内野手の通算1000本安打となる2点タイムリーを打たれるなど計8失点。9年連続開幕戦黒星となった。対する楽天は三木肇監督初采配を勝利で飾った。

両監督によるメンバー表交換の際、握手は自粛

力投する巨人・菅野投手

力投する阪神・西勇輝投手

3回表、阪神・西勇輝投手が先制のソロ本塁打を放つ

4回裏、遊安を放つ巨人・中島内野手

5回表、左に適時打を放つ西勇輝投手。この日2打点

5回裏、阪神・木浪遊撃手と交錯した菅野投手。大事には至らず

7回裏、値千金の逆転2ランを放った巨人・吉川尚内野手

吉川尚内野手に手痛い一発を喰らった阪神・岩崎投手

菅野投手の後を継ぎ、好投した巨人・中川投手

チカラなく主審に選手交代を告げる阪神・矢野監督

最後を締めた巨人・デラロサ投手

選手を出迎える原監督

この日の勝利で球団通算6千勝を達成し、記念のボードを掲げる原監督

記念撮影に収まる原監督とナインたち

一方京セラドーム大阪で行われたオリックス対楽天の開幕戦。
1塁側内野席には「応援し幕れ!バファローズ自宅応援隊」と名付けられた、選手横断幕などで座席が埋められていた

オリックス15選手の応援幕の周りにファンからのメッセージがつけられた座席。こちらは開幕投手の山岡投手エリア

前方にはバファローズポンタが密にならないように、座席に配置された

試合前にはドーム内をブルーに染め、医療・介護従事者へ向けて感謝のフライデー・オベーションが行われた

マウンド付近に設置されたモニターで、松井一郎大阪市長によるバーチャル始球式が行われた

オリックス先発の山岡泰輔投手。7回を5安打1失点の好投

オリックス先発の山岡泰輔投手

楽天先発の則本昂大投手。7回を投げ1失点だが、打たれたヒットは内野安打1本のみの好投を見せた

好投する楽天・則本昂大投手

8回表ノーアウト満塁からライトへの勝ち越し2点タイムリーヒットを放つ鈴木大地内野手

通算1000本安打となり、1塁上で記念ボードを掲げる鈴木大地内野手

試合後のヒーローインタビューを受ける楽天・鈴木大地内野手。感染症予防の為、距離をとって行われた

再び1000本安打のボードを持って報道陣の撮影に応じる鈴木大地内野手

初采配で初勝利を飾り、ウイニングボールを手に報道陣にポーズを取る楽天・三木肇監督
 

撮影:野崎豊(東京ドーム)、稲葉訓也(京セラドーム大阪)

撮影日:2020年06月19日