横山武・史上2組目の親子有馬記念制覇

29 Photos

12月26日、中山競馬場で第66回有馬記念(芝2500m・GⅠ)が行われた。

レースは1番人気に推されたエフフォーリア(横山武史騎手騎乗)が直線に入り、坂上から抜け出し5番人気のディープボンド(和田竜二騎手騎乗)に3/4馬身差でグランプリ有馬記念を史上2組目の親子制覇(父・横山典弘騎手は1996年、第41回有馬記念をサクラローレルで勝利)を果たした。

しかし、横山武史騎手は勝利騎手インタビューで、昨日の不甲斐ない騎乗により騎乗停止処分になり、心の底から喜べないのが残念ですと語り大勢のファンの前で謝罪した。

本レースで引退し有終の美を飾る事の出来なかった2番人気クロノジェネシス(クリストフ・ルメール騎手騎乗)が3着となった。

なお最終レース終了後、多くのファンが残りクロノジェネシスの引退式が行われ、別れを惜しんだ。

横山武・史上2組目の親子有馬記念制覇

29 Photos

12月26日、中山競馬場で第66回有馬記念(芝2500m・GⅠ)が行われた。

レースは1番人気に推されたエフフォーリア(横山武史騎手騎乗)が直線に入り、坂上から抜け出し5番人気のディープボンド(和田竜二騎手騎乗)に3/4馬身差でグランプリ有馬記念を史上2組目の親子制覇(父・横山典弘騎手は1996年、第41回有馬記念をサクラローレルで勝利)を果たした。

しかし、横山武史騎手は勝利騎手インタビューで、昨日の不甲斐ない騎乗により騎乗停止処分になり、心の底から喜べないのが残念ですと語り大勢のファンの前で謝罪した。

本レースで引退し有終の美を飾る事の出来なかった2番人気クロノジェネシス(クリストフ・ルメール騎手騎乗)が3着となった。

なお最終レース終了後、多くのファンが残りクロノジェネシスの引退式が行われ、別れを惜しんだ。